家事をサポートしてくれる時短家電を導入

>

最新家電は性能を確認しよう

洗濯を干す必要がない

洗濯は、洗濯機に任せることができますが、洗濯物をハンガーにかけ、乾いたのを確認して取り外すといった手間を削ることが出来たら時間が大幅に減らすことができます。
洗濯機は、ドラム式の方が水量も節約できますし衣類が痛みにくいのでおすすめです。
パナソニックのななめドラム洗濯乾燥機は、除湿しながら乾燥させるヒートポンプ乾燥で低めの温風で乾燥させるため傷みや縮みも少なくふんわりと仕上がります。
シャープのドラム式洗濯乾燥機は、マイクロ高圧洗浄で繊維の奥の汚れまでしっかり落とし、ハイブリッド乾燥方式により温風でシワを伸ばしアイロンがけの負担も減らします。
日立のドラム式洗濯乾燥機ビッグドラムは、時速約300kmの風で衣類のしわを伸ばしながら乾燥する風アイロンが人気で、アイロンがけなしでも着られる仕上がりです。

ボタンを押すだけで掃除する

家事といえば、掃除も外すことはできません。
時短家電といえば、ロボット掃除機ですよね。
代名詞ともいえるiRobotロボット掃除機ルンバですが、さまざまな種類が発売されています。
搭載されたカメラやセンサーで障害物を認識して部屋の状況を把握しながら床のごみを吸い取り、掃除が終わると自動で充電装置に戻ります。
iRobotブラーバは、床の拭き掃除をしてくれます。
掃除機では取れない皮脂汚れもきれいになるので、拭き掃除をしなくても床がべとつくことがありません。
空拭きやワックスがけもできます。
また、ルンバと同じようにマキタの充電式クリーナ、ダイソン掃除機コードレスなどスティック掃除機も人気です。
コードレスで軽量ですが、パワフルな吸引力を備えています。


この記事をシェアする